読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APSU+内橋和久 即興演奏と怪談会 Howling Ghost Blues IN 旧H&H japanショールーム

APSU+内橋和久 即興演奏と怪談会 Howling Ghost Blues

開催決定です!!

 

維新派の舞台音楽などで知られる内橋和久さんがギターで参加してくれます。

まさか、出演してくれるとは。

 

場所は梅田中崎町ギャラリーヨルチャが運営する雰囲気たっぷりの会場『旧H&H japanショールーム(ギャラリーヨルチャ隣接)で開催。

 

 

 

文様作家APSU(アプスー)による、誰もが楽しめる怪談会Howling Ghost Blues』
今回のゲストはベルリン在住の即興演奏家、ギタリスト、ダクソフォン奏者、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサーである内橋和久さんが参加!!
怪談と生演奏がシンクロする、怪談好きも、怪談初めての方も、音楽好きの方も楽しめる、怖いだけじゃない贅沢な怪談会!!
怪談ネタをお持ちの方は語っていただけたらAPSUからプレゼンあります。
定員に限りがありますので、ご予約はお早めに!!!

 

今回もAPSUの原画展示とグッズ販売もあります!!

 

 

f:id:apsu:20170217131251p:plain

 

〜APSU+内橋和久 即興演奏と怪談会〜

 Howling Ghost Blues IN 旧H&H japanショールーム

【日程】3月23日(木)
【場所】旧H&H japanショールーム(ギャラリーヨルチャ隣接)
【住所】大阪市北区豊崎1−1−14
【時間】オープン19時、19時半スタート。
【料金】2000円 当日2500円 ※定員30名

【怪談話と絵】Apsu
【音楽】内橋和久
【フード】山ねこカレー

※ドリンク、フードも販売しています。

ご予約は、
apsushusei@gmail.comまで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【プロフィール】

 

APSU
幼い頃から日本古来の文化や風習に興味を抱き、
全国の秘境や離島をたびたび訪問。
2001年には、四国八十八カ所巡りも達成する。
そうした旅の中で得たインスピレーションを基に動物や文様を描きはじめ、2009年から本格的に活動を開始。
名前も「Apsu(アプスー)」に改める。
手書きの幾何学的で繊細な“線”を用いた画風を特徴とし、靴やトートバック、紙や壁、木や鉄、ミニ四駆、あらゆる場所、物をキャンバスとして創作に取り組む。

近年ではアパレルブランドのアイテムのデザイン、CDジャケットのデザイン、会社のロゴなどを手がけるなど活動の幅を広げる。

また、同名義で、怪談蒐集と朗読を行い、年に10回以上の怪談会を企画し、バンド編成の怪談会や、アートとコラボレーションした怪談会など、怪談の新たな可能性を模索している。

内橋和久

大阪府出身。ベルリン在住。即興演奏家、ギタリスト、ダクソフォン奏者、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー。イノセントレコード主宰、インプロヴィゼーショントリオ「アルタードステイツ」は今年で結成25周年。83年頃から即興音楽に取り組み、100を越える世界各地の音楽祭に招聘される。一方ではUA細野晴臣くるり七尾旅人、青葉市子、Salyu
等のポップミュージシャンとのライブ活動,演劇、ダンスなどの音楽制作およびライブ演奏など活動は多岐に渡る。2007年まで大阪でオルタナティブスペースBRIDGEを運営。劇団「維新派」の音楽監督を30年にわたり務める。若手音楽家や子供を対象にした即興ワークショップも90年代半ばより行っている。フェスティバルビヨンドイノセンス主宰。現在はベルリンと東京を拠点に活躍。
最近では欧米の音楽家以外にSenyawaをはじめとするアジアの音楽家たちとのコラボレーションにも意欲的に取り組む。また、ハンス・ライヒェル発明による新楽器ダクソフォンの演奏者でもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

APSU、実は内橋さんの新作楽器『エレキの竪琴』に文様を描かさせてもらっています。!

 

f:id:apsu:20170216231923j:plain

f:id:apsu:20170216232003j:plain