読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪は沈む、京の夜に。

f:id:apsu:20151210231831j:plain

いまさらではありますが、、、10人の作家と古本屋による『大怪宴』にお越しのお客様、興味をもってくれた皆様、協力してくれた方々、etwスタッフ、参加アーティスト様、ありがといございました。

無事に終わりました。

 

怪を楽しんでいただけましたか?

怪談はもっと発展していくエンターテイメントだと思うのです。

いつか、怪談のみの野外フェスが開催されるでしょうね。

 

 

 

今回の日記では会場の様子を書かさせてもらいます。

 

 

f:id:apsu:20160216124123j:plain

会場のカフェetwは鴨川を眺める事が出来る好立地。

席間隔も広く、ゆっくりと作品を楽しんでいただけたかと思います。

平日は18時からの営業なので雰囲気があり、お客さんが居ない時間が怖かった。とスタッフ談。

 

 

 

数百人に装着された井上嘉和さんの段ボールお面。

f:id:apsu:20160216124158j:plain

 

節分の時に子供を怖がらせる為に作ったお面がエスカレートしていったそうののですが、大怪宴の為に作ってくれた『クトゥルフお面』は触手まで動く完成度の高さ。

f:id:apsu:20160216124201j:plain

 

大怪宴終了後にgrafでワークショップをして、その様子がテレビで放送されたようです。

本職のカメラマンが忙しいのに、段ボールお面制作も忙しくなってしましそうでね。

f:id:apsu:20160216124145j:plain

 

 

忙しい中、参加してくれたU井T吾さんは可愛いろくろ首を描いてくれました。

U井さんの描く幽霊画、妖怪画が見たかったので、この作品を見れて嬉しかった。

この発想は凄いですね。

次回もあれば参加してもらいたい。。。

f:id:apsu:20160216131704j:plain

 

 

 

育児漫画で大人気のあおむろひろゆきさんはヌエを描いてくれました。

表情とポーズがたまらない。

この画風で百鬼夜行とか描いてくれないかな。

他の妖怪も見てみたい。

そして、このヌエのTシャツが欲しい。

 

f:id:apsu:20160216132600j:plain

 

 

 

ペインターのsimoさんも鵺を描いてくれました。

simoさんとあおむろが同じモチーフという偶然。

あおむろさんの作品と並べてみたらデジモン進化みたいで面白かった。

展示作品の中で一番大きい作品、圧巻の迫力。

そして、絵の中に小さい妖怪が数匹隠れています。

f:id:apsu:20160216124215j:plain

 

 

 

 

多くの人が赤木 美奈さんの作品の前で立ち止まっていました。

これは実物を見てもらいたかった。

凹凸があり、眺める角度により様々な絵を見せてくれる不思議な作品。

f:id:apsu:20160216124221j:plain

 

 

会場の雰囲気をグっと引き締めてくれた尾崎 潤さん。

尾崎さんの作品は十代の頃から見ているのですが、いつも勉強させてもらっています。

この絵が会場に飾られる事により、場の説得力が増した気がします。

f:id:apsu:20160216124244j:plain

 

 

歯ブラシ画家のChapi Happy。

会場奥にてお客さんを待ち構えるChapiのデニム生地に歯ブラシで絵を描いた作品。

今回はhappyぽくない作品を描いてもらいました。

誰とでも仲良くなれる彼の人柄とは真逆の作品。

f:id:apsu:20160216124232j:plain

 

 

トーチカのモンノカヅエさんの立体作品。

骸骨で人の一生を表した作品。

眺めてフフフとなれる愛くるしさからか、女性に人気でした。

横に置いてある黒い人形の蝋燭は、メキシコの呪術マーケットで買ってきた本物の呪い道具だそうです。

f:id:apsu:20160216124255j:plain

f:id:apsu:20160216124317j:plain

f:id:apsu:20160216124329j:plain

 

 

 

 

包装を開けた瞬間、中から妖気が溢れてきた石黒亜矢子さんの作品。

見た瞬間にスタッフ一同が息をのみ、触る事を躊躇ってしまう程の妖気がありました。

石黒さんの作品を目当てに、香川や広島、横浜からもお客さんが来てくれました。

県外から観光として寄ってくれるのは嬉しいですね。

 

f:id:apsu:20160216124352j:plain

 

 

 

企画者であるApsuの作品。

今回のフライヤーにも使った作品『大合掌』。

中央の合わせた手を魂を運ぶ鳥に見立て、広げた羽に髑髏、サイドに幽霊。

遠くからみると中央に骸骨、、、など隠し絵的に文様を繋げていきました。

f:id:apsu:20160216124406j:plain

 

 

大人気だったちのり文庫さん。

まとめ買いをしていく人が多かったですね。

オカルト好きなら驚くような掘り出し物もありました。

オカルトとは無縁そうなOL風な人がマニアックなオカルト本を5冊くらい買っていったのには驚いた。

f:id:apsu:20160216124505j:plain

 

 

そして、オープニング、エンディングには怪談会を開催。

両日ともほぼ満席で楽しい、、、怪談会らしからぬ笑いの絶えない怪談会となりました。

オープニング怪談会では京都のバンドkailiosのギタリストであるオトガワさんが参加してくれて、会場を霊気で満たしてくれました。

オトガワさんの『桜の精』の話は素晴らしかった。

エンディング怪談会では赤ちゃんを連れたお母さんが三組も来てくれました。

apsuの企画する怪談会はアットホームに阿鼻叫喚をテーマにしており、ライブを見に来る気持ちで、息抜きに『怖い』を楽しむ事が目的です。

なので、赤ちゃんを連れたお母さんが来てくれたのはとても嬉しかった。

お客さんも良い人ばかりで、怪も楽しみつつ、赤ちゃんの寝顔を優しく見守ってくれていました。

怪談会によく行ってらっしゃるお客様に『こんな理想的な怪談会は初めて』と行ってもらえて嬉しかった!!

f:id:apsu:20160216124838j:plain

 

 

実は大怪宴、2回目の話も出ており、また皆様とお会い出来ることと思います。

参加してもらいたいアーティストさんもまだまだ居るので続けていきたい。

 

 

皆様に素敵な怪異が訪れる事を祈って!!

ありがとうございました!

f:id:apsu:20160216124453j:plain